勤めているキャバクラの仕事の話で、仲良くしている同僚の妃鶴ちゃんから連絡が来ました。
大した連絡事項もなく、その後はお喋りに花を咲かせることになりました。
彼女も女子大生です。
営業自粛の頃は、凄く困った表情をしていました。
ところが、今回通話した時は明るい雰囲気を漂わせていました。
「元気そうだけど、いいことでも?」
「えっ?そんな感じに見える?」
「声が明るいじゃない」
「そうか(笑)、実は、良い出会いに恵まれたの」
良い出会いと聞いて、彼氏だと思いました。
前彼と別れた話は聞いていたため、新しい彼氏との出会いでルンルン気分なのだろうと思いました。
だけど、話は全く別物だったのです。
「体の関係無しのパパ。パパ活に成功して、今支援して貰っている」
瞬間的に、私の体は凍りつきました。
私が欲しい関係を、妃鶴ちゃんは手に出来ていたのです。
慌てて「どうやって出会えたの?」と聞いてしまっている私がいました。

 

 お金助けて掲示板や、お金支援掲示板を利用した話をしました。
「無料の掲示板は危険なことが多いからね。それと無償でお金くださいは基本ありえないと思うよ」
きっぱり言われてしまったのです。
「私はね、パパ活アプリで支援男性と出会うことに成功したんだ」
アプリに、お金を支援してくれる人がいることが判明。
心が尋常じゃないほど乱れて行きました。

 

 彼女がパパ活アプリを使ったのは、PCMAXにJメールにワクワクメール。
こちらで複数男性と出会い、関係を作って収入を得られるようになったと言います。
「コロナ禍だから、今オンラインの関係なんだよ。凄く気軽に稼げるの」
驚異的に感じてしまった私だったのです。

 

 最初からお金に汚いと、嫌われて支援してもらえないそうです。
「さりげなく同情をひくようにしていくんだよね。そうするとね、定期で支援してくれるパパになってくれたりして」
キャバ嬢の私は、接客は得意です。
これ、私にもやっていける方法じゃないかと、喜びを感じた瞬間にもなりました。
女子大生のパパ活でオンライン飲みをして、大学生活を継続出来るかもしれません。

定番サイト女性は完全無料

本当に支援してくれる人を探すならコレ!